不動産鑑定士試験の制度と日程


不動産鑑定士試験は平成18年度から制度が変更されました。 

これにより、不動産鑑定士登録のための要件が、
旧制度では、試験が3回(1次試験から3次試験)、かつ、実務経験は2年間必要だったものが、
新制度では、試験が2回(短答試験と論文試験)と、実務修習(実務経験不問、最短1年間
へと変更になりました。 

その結果、不動産鑑定士登録までの時間的な負担はかなり軽減されています。 

さて、主な試験制度と日程は下記の通りです。

試験制度 
誰でも受験可能。 
・1次短答、2次論文の2段階で試験が行われる。 論文試験に合格すれば試験合格。
・短答は1回合格すると、2年間免除。
 ⇒つまり、短答1度の合格で論文3回のチャンスが与えられます。 


スポンサーリンク


試験日程 
・短答、論文ともに年1回実施。
・願書は3月初旬の2週間程度の間に受付(配布は2月中旬から) 
・短答は5月中旬の日曜日(1日間) 
・論文は7月末~8月初の土~月曜日(3日間) 

注意点  
願書の受付期間が非常に短いので注意が必要です。(短答免除の場合も、願書の受付は同時期) 
・論文は土~月と平日も試験日なので、休暇等が必要な場合は早めに予定を立てる必要があります。 


より詳しく知りたい方は、下記も参照してください。
国家試験のご案内(国土交通省)
不動産鑑定士制度(日本不動産鑑定協会) 



スポンサーリンク