不動産鑑定士の収入・年収



不動産鑑定士の年収は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、700~800万円前後となっています。

これは、統計で調査された全129の職種のうち、かなり上位の平均年収となっています。(参考サイト
サラリーマンの平均年収が約400万円前後(参考サイト)らしいので、かなり高い年収であると言えます。


また、企業規模別に内訳を見た場合、

従業員数が1000人以上の企業に勤める不動産鑑定士の平均年収は、約1,000万円
従業員数が10人~99人の企業に勤める不動産鑑定士の平均年収は、約700万円

と、勤め先の規模によって大きな差が出ています。

なお、鑑定士の平均年収は3年ごとに行われる固定資産税の評価替え等公的仕事の多寡の影響で、年によってブレ生じる傾向があることに注意が必要です。
これは、時系列で見て、ガクンと落ちたり、突然上がったりの原因の一つとなっています。


スポンサーリンク


なお、この平均年収は鑑定業に従事している人の平均となっていますが、実際の鑑定士有資格者の平均を考えた場合、金融機関やデベロッパー、運用会社に勤務している人はある程度の役職についていることが多いため、平均年収はさらに高くなると思います。(大手金融や大手デベロッパーの40歳の課長層は年収1500万前後です。)

関連リンク

一方、個人の鑑定事務所勤務だと、新人で年収200万円という待遇もあるという話もあります。


このように、平均すると高い年収ではありますが、せっかく資格を取得しても、年収200万円ではちょっとむくわれません。(独立開業を目指し個人事務所の経営を学び経験を積みたい等の希望があれば別ですが。)

不動産鑑定士は、資格を取得したから年収が約束されるのではなく、勤め先により年収が大きく異なるのが実態であり、独立開業をしない場合には、鑑定士を活かすためにはどこに勤めるか(就職・転職)まで見据えておくことが非常に重要だと思います。


スポンサーリンク